1. HOME
  2. 官能体験
  3. 喪服姿の母親に発情してしまい…

父親の葬儀の時に見た母親の喪服姿。不謹慎だが女の色気を感じて興奮してしまい…

喪服姿の母親に発情してしまい…

初めて見た母親の色気

私が二十代半ばほどの時に父親が入院してそのまま亡くなってしまった。
父が入院している間、母は付きっきりで看病していて少しやつれていた。
亡くなる瞬間までそばで見守っていて母の悲しそうな顔を見るのが辛く感じた。
葬儀の当日になり不謹慎な話だが母の喪服姿に興奮した。
女の香りを漂わせる母を見るのが初めてだったからだと思う。
女のフェロモンを出す喪服姿の熟女に
興奮して
しばらくは母親から離れる事ができなかった。
葬儀も無事に済み家に帰ると母に呼ばれ
喪服を脱ぐのを手伝うように頼まれた。
ドキッとする私を後目に少しずつ喪服を脱ぎ始める母親。
私のペニスが少しずつ固くなっていったのが分かった。
母親にも私が興奮している事が伝わったのだろう。
裸になり正面に立つと私にも服を脱ぐように強要する。

そして服を脱ぎお互い全裸で向き合うと私を仰向けに寝かせた。
すると私のペニスを咥え始めた。
母親が自分のペニスを咥えている光景を見て何とも言えない気持ちになった。
そして母が69の体勢になり夢中でピンク色の性器に吸い付いた。
まるで夢を見ているような光景だ。
そしてそのまま私のペニスを掴み腰を動かして挿入させる。
最初は座位の体勢で、その後騎乗位や正常位で母を突く。
母の膣内の温かさ、気持ち良さに我慢出来ず
大量の精液を膣内に出した。ドクドクと母に注がれていく精液。
暫くは動くこともできず二人で重なったままになっていた。
その後も猿のように交わり何回膣内に出したのか覚えていない。
父親が亡くなった事をキッカケにこんな関係になるだなんて
夢にも思わなかった。

サイトコンテンツ

カテゴリ

最新の投稿

Copyright © デリヘル・ソープ情報サイト 風俗宮殿 All Rights Reserved.